山川会長

   海老名市歯科医師会会長

       鈴木 仙一

メニュー

会員専用

お問い合せ

電話. 046-235-4799


受付時間 月-金 9:00-17:00

会 長 挨 拶

海老名市歯科医師会HPご挨拶

                    会長 鈴木 仙一

  平成29年6月の一般社団法人海老名市歯科医師会の会長を再任頂きました。東京大学飯島教授の柏スタディーにて『奥歯が無くなることがきっかけで全身が虚弱に陥り、要介護状態になっていくこと』がわかりました。お口の衰えが全身の衰えになるということです。特に超高齢社会の日本で歯の大切さが益々重要となってきております。2010年の厚生労働省の研究によると、「歯が無いことにより認知症になる確率が約2倍になる。」あるいは「唾を飲み込むときに上下の歯をかみ合わせないとうまく飲み込めません。」つまり歯が無いと誤嚥性肺炎を起こしやすいのです。平成23年8月10日に、歯科口腔保健法という法律が出来たのを皆様ご存じでしょうか?特に高齢者においては「歯が健康維持にとても重要ですので定期的に歯科を受診して歯や歯肉の管理をしてください」という内容のものです。健康寿命は男性で約70歳、女性で約73歳です。それ以降は誰かの介護がないと自律して生きていけないと言うことです。昔から「歯を食いしばって頑張る」と言いますが、歯が無ければ食いしばる事ができないので頑張れないのです。健康寿命を延ばすために市民の皆様の健康管理に海老名市歯科医師会が御協力できれば幸甚に存じます。

 当会が行っております各種サービスのご紹介と素早い情報伝達の手段として現在は虫歯や歯周病また、歯の欠損などの歯に関連した病気が全身の健康に多いに影響を与えている事が報道され、皆さんもお口の健康の大切さに気付いておられることと思います。例を挙げますと、糖尿病と歯周病が関連しており糖尿病が悪くなると歯槽膿漏も悪くなります。逆のことも言えて歯槽膿漏が良くなる と、糖尿病も改善されると言う報告があります。それ以外にも、歯に関連した病気が癌や認知症や心臓疾患等々にも影響していると言われています。そこで海老名歯科医師会では皆さんの健康を増進するために、お口の健康を守り育てるための様々な事業を行っています。

 

 海老名歯科医師会の事業内容は多岐にわたりますが、以下に簡単にご紹介します。

成人歯科健康診査を行っています。

海老名市民で35歳以上の方であればいつでもお近くの会員診療室にて受けられます。虫歯、歯槽膿漏、噛み合わせ、口腔粘膜の各種チェックに多いにご利用下さい。昨年4月より②口腔がん検診も併せて行うことが可能になりました。

口腔がん検診も、成人検診と同様35歳以上の方であれば受診可能になりました。まだ全会員まではいきませんが、がん検診協力医(名簿参照)30名で行っております。口腔がんの早期発見、早期治療にご利用ください。年2回だけ集団検診も行われています。

乳幼児検診を1歳6ヶ月、2歳、3歳6ヶ月で行っています。

保育園検診、小・中・高等学校健診等を行っています。

口腔疾患虫歯予防事業では各種講演会、説明会、虫歯予防デー(6月第1週:歯の衛生週間)活動などを開催しております。
休日歯科診療は、海老名市医療センターに於いて、日曜祝祭日、年末年始、5月のゴールデンウイークも行っております。休日での歯の痛みや怪我に対応するために年末年始を含めて会員で対応しています。
障がい者歯科外来診療在宅歯科診療のご案内実施医療機関の紹介を行っております。

災害時歯科医療の体制を行政と共に備えています。

トップページの掲示板では大切な情報を適宜変更しお知らせいたします。

最初の方にも触れましたが様々な病気が口腔の疾患と関係があります。海老名市歯科医師会ホームページを多いにご利用いただき、健康はまずお口からとお考えいただければ幸いです。

 

top